<LEDの影響>
セブンパークアリオ柏1

 
   
千葉県柏市にあるセブンパークアリオ柏。まだオープンして10ヶ月の、セブン&アイ・ホールディングス最大の商業施設。
イトーヨーカドーと、約200店舗のテナント、映画館にラウンドワン(ボウリング、ゲームセンターetc.)、
外にはイベントができる大きなスペースに子供たちが遊べる広場、バーベキュー場まであります。
   
     正面入り口駐車場   

 
広い屋外駐車場には、たくさんのLEDライトがずらっと並んでいました。
車の向こうに、竹が並んでいたので見てみると、

  
駐車場の真ん中に歩道が作られていて、その両側に植えられていました。・・・が、駐車場のLEDライトと車のライト、
側に立つガーデニングライト、さらには根元からスポットライトに照らされ、そのほとんどが、ひどく傷ついていました。

  
   
黄色くなり、傷つき、まっすぐに生えるはずの竹がクネクネと曲がっています。



 
駐車場から入り口に向かう途中、角の黄色い塗装や、横断歩道などの赤い塗装が剥がれているのに
気づきました。まだできて10ヶ月ですが、LEDライトに照らされ続けて、塗装がもろくなっているようです。

   正面入り口付近  

 

 
 
入り口付近には、このような植栽がいくつかあり、夜になるとライトアップされます。
葉っぱは、全体的に黄色く枯れかけています。



入り口から右方向へ、ぐるっと外を回ってみます。

 
このモールの取り組みのひとつ、壁面緑化も、アイビーは赤茶色に焼けてしまって、緑はほとんど残っていません。
ちょうど1週間前まで、上の植栽とともに、イルミネーションされていたそうです。




お花屋さんがありました。目の前にもLED。お花は回転が速いのか、それほど傷んでいるものは見られなかったものの、

  
カビのようなものがついていたり、樹皮が割れている木が見られました。

 
壁に貼ってありました。

  建物側面~裏側の駐車場   

 
「電気自動車充電設備」のある駐車スペース。立体駐車場と合わせて、137台分あるそうです。
電気自動車にもLEDが使われていますが、電磁波の影響も気になります。
その他、電動自転車の充電もできるスペースもありました。とにかく、電気の使用を推し進めているような気がします。


電気自動車用の駐車場・立体駐車場を含め、こちらの駐車場にもLEDライトがたくさんあります。
写真右側に、散策コースがあったので歩いてみました。

  散策コース   

 
右側には風力発電・太陽光発電のLEDライト。横にある木々たちは・・・

 
焼けたようになったり、斑点ができて

   
色が変わり、傷つき、焦げたようになっています。

 

  

 
あり得ないほどの大きなコブ。最初は虫の卵かと思いましたが、よく見ると枝と繋がってできていることから、
上の写真のように傷ついた部分が修復するときにできたものではと思います。
 

モール出口の脇にずっと続く植栽も、まばらになって、どれを見ても、

 
このように、虫に食われたようにボロボロとしていたり、焼けたようになっていました。

 スマイル・パーク 

  
イベントができる、広大なスペース。子供たちが遊んでいました。
ここにも、たくさんの植物が植えられています。

    
変色し、

 
  
枯れて、切られてしまった細い枝。

 
 
LEDのライトアップの側の植物は弱り、まばらになって、その姿を消してしまっています。

大きな木々たちも・・・
  
  
ひび割れ、変色していました。
モールの植栽なので、1年中きれいな植物たちの姿が見られるように植えられたと思いますが、
LEDの光に四方八方から照らされては、こうなるのは当然ということを、植物たちが身をもって教えてくれています。

 バーベキュー場付近 

 
スマイル・パークの端に、バーベキュー場があるのですが、そこへ続く道に植えられているサツキは
まばらになり、間に植えられた木も、一様にボロボロでした。

  


 
枯れたまま、花をつけるアジサイたち。


ソメイヨシノも、LEDライトに囲まれて

 
枝が赤や銀色に変色しています。

   
枯葉が落ちずに残る木々は、枝が折れたままぶら下がっていたり、葉っぱが黒く焼けていました。

   駐車場脇の桜の木   

 
バーベキューキュー場から、散策コースを戻って、入り口側の駐車場脇の桜の木々。
写真右の囲った部分、桜の後ろにずらっとLEDのライトが並んでいます。

    
  
まだ植えられて間もない細い幹や枝は、どれも傷ついていました。(2017/2/21撮影)


次は、中の様子を見てみます。

セブンパークアリオ柏2


LEDの影響についてのリンク