<LEDの影響>
千葉県庁周辺1

<都橋~羽衣公園>

 
県庁前駅の少し手前、モノレール沿いに、都橋があります。(8/8撮影)

 
親柱の土台のタイルは割れ、

 
隙間やズレが起き、

  
欠けているところもありました。地盤沈下のために、かなり隙間が空いてしまっています。

 
排水溝の周りもひどい亀裂です。



 
千葉都市モノレールの県庁前駅です。モノレールの下は、大網街道があり、交通量も多い場所です。
道路はひび割れや沈下が至るところで見られます。

  
車道と歩道、両方に向けて、LEDの街路灯が立っていますが、

 
そのすぐ脇にある、モノレールの柱の金属パイプは、ライトの近くの部分が特にひどく錆び、

 
駅へ向かう階段は、濡れているわけではないのに、雨の跡が黒く変色し、

 
つなぎ目からコンクリートが溶け出しています。


階段の裏側も、このように雨が染み込んだところから浸食が始まり、細かいひび割れができ、

 
階段の柱の根元も、黒く浸食し、部分沈下し、隙間ができています。

 
この歩道は、LED街路灯がある写真左側に向かって、斜めに沈下していて、写真でもいくつかの斜めのうねり(傾き)が確認できますが、

 
沈下したところに、雨と土が流れ、

 
マンホールからポールの間の土には苔が生え、

 
溜まった土の上からでも、その下に長い亀裂があるのが分かります。
こんなに土や苔があると、さらに雨水は長く留まり、亀裂から地盤沈下は進んでしまいます。


バス停付近の歩道の劣化は特にひどく、

 
地盤が左右から押し上げられて、真ん中に強い力が加わり、タイルや排水溝の金属のつなぎ目の部分が割れています。
アスファルトで補修されていますが、その縁のコンクリートも表面が削れて裂けかけています。

 
歩道はうねり、部分的に激しく沈下し、

 
マンホール周辺にはレンガにかなりの段差ができたり、

  
小さなマンホールも、完全に割れてしまったり、片側が沈み込んでしまっているものもありました。



 
歩道を挟んで向かい側が、羽衣公園です。ここは旧県庁舎跡地で、この公園の周りをⅬ字型に囲むように、
いくつかの県庁舎が建っています。職員の方たちも職場への通り道にしていて、まるで県庁の一部のようですが、

 
その公園の石垣は、黒い雨の跡に混じって、白くコンクリートが溶け出したものが緑や黄色に変色したりと、汚くなっていて、


流れた雨は、石を少しずつ浸食していき、

 
ずれが生じ、他の部分より隙間がひろがっていたり、所々石が欠けているところがありました。

 


  
公園内の木々も、LEDの影響でよく見られる黄色い苔がついたり、樹皮が剥がれているものや、

  
幹が傷ついているものがいくつも見られ、

 
まっすぐに生長することのできない細い木々や、枯れている葉などが多く見られ、あまり元気がありません。

 
枯れるというより、焼けたように茶色くなっています。

 
コンクリートブロックで囲われた木は、石畳の下で根上がりしているのか、周りの地面が激しく波打っています。

 
辺りを見渡すと、段差がないところを探さなければいけないほど、あちらこちらで地面が波打っていて、

 

 

 
ベンチの下も沈み込んで、

 
やはり石畳も波打っています。

 
階段もひび割れ、表面が剥がれ落ちていて、

 
石でできた高さのある植栽の囲いも、左側の石がすべて中央に向かって沈み込み、

 
このように、ずれたブロックがあちこちで見られます。



少し先にあった階段を見ると、どこまでも続く亀裂が目に入りました。

  

 
一番上の段までずっと続きます。


一番上の段の亀裂は深く、段差ができていて、

 
そこから、右と左に分かれた亀裂は、

 
それぞれ端まで続いていました。

 
その先の通路は、端から端まで続く亀裂が何本もあり、

 
中にはこのように段差ができるほど深い亀裂や、


亀裂の幅が広がって、土が見えてしまっているところもありました。

 
通路の端のコンクリートも、縦にも横にも亀裂が走っている箇所が、

  
いくつもいくつもあり、


ずれて、中がボロボロになるほど、ひどい状態のものもありました。

 
補修も追いつかないようです。

 
県庁の敷地との境に、羽衣公園の名前の入ったコンクリートの低い石塀(?)がありました。

 
やはりここも、端からずっと、ひび割れから表面が剥がれ落ち、黄色や茶色い苔がついて、縦にも亀裂が走っている箇所もありました。

  
そのすぐ前が議員駐車場でした。至近距離から車のライト(ランプ)が当たります。


石塀のすぐ後ろには旗を立てるポールがありましたが、

  
根元の茶色い部分に雨水が溜まって流れ出し、コンクリートは欠け、亀裂ができ、部分沈下が起きています。


その横にある、木を囲うように植えられている山茶花の根元は、やはり石畳が沈み、

 
コンクリートブロックの囲いはズレ、


側面も、本来は、このように石畳とブロックの間は平らですが、

 
部分的に、かなり沈下していました。

 
やはりこの辺りも、石畳が部分沈下したり、波打っています。

 
噴水には黄色い苔が見られ、

 
周りのツゲは、所々枯れて、葉が落ちていました。


撮影時は、ちょうど県庁職員さんたちのお昼休みの時間で、多くの人がこの公園を横切り、中には
公園内で談笑する姿も見かけました。この公園は県立都市公園です。木々の様子や石畳のうねり、
部分沈下、そしてコンクリートの亀裂は、県の職員さんたちの目に、どう映るのでしょうか。(2017/8/11)

千葉県庁周辺2

LEDの影響についてのリンク
   

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

「LEDの影響(1)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink.htm
  「LEDの影響(2)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink2.htm
  「LEDの影響(3)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink3.htm
  「LEDの影響(4)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink4.htm
  「LEDの影響(5)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink5.htm
  「LEDの影響(6)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink6.htm
 「LEDの影響(7)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink7.htm