<LEDの影響>
千葉県庁周辺3

<羽衣橋~南庁舎別館・南庁舎~自民党会館>

 
本庁舎の目の前に羽衣橋がありました。


土台部分が大きく欠けてしまったようで、コンクリートで補修されていましたが、それにまでも、
いくつもの亀裂が生じ、その亀裂は、LED水(雨水)の染み込み特有の、黒ずんだ色になっています。

道路を横切って、橋の反対側に行ったのですが、そこでも、

  
長い亀裂が続き、タイルが欠落したところもありました。

さらに角を曲がると、

 
側面に、右から左へと、長い亀裂が地面までずっと続いていました。

 


写真に撮りきれないほど、長い一直線の亀裂です。

 
こんなに隙間が空いてしまっています。

 
さらにその横、角の部分には、大きな補修の跡があり、橋自体がかなりずれたことを物語っていますが、
その補修跡は地面まで続いていました。


県庁へ続く、橋の間の道路は、


補修の跡だらけです。




県庁のロータリー。表札代わりの植栽ですが、

 
道路との境目から黒く浸食が始まり、部分沈下しています。




南庁舎と、南庁舎別館に来ました。手前が別館、奥の明るい茶色が南庁舎です。

  
劣化が進む別館。

 
上から下まですっかり隙間が空いていて、

 
根元部分にも補修の跡や、地面にも亀裂がたくさんあります。

 
頑丈な石でできた壁にも亀裂ができ、

  
ところどころ、大きく欠けています。

 

  
別館は、経年劣化が多く見られますが、これまでにはなかったLEDの光と、その光を浴びた雨(LED水)によって、

 
あり得ないスピードで、その劣化が進んでいきます。LEDがなかった頃の経年劣化を考えれば、
これをすべて経年劣化のせいにするには無理があると思います。



新しいほうの南庁舎。レンガ造りがきれいですが、


別館より新しくても、このように雨が伝うところは、必ず浸食が始まり、
驚くほどのスピードで、亀裂や割れ、欠損などが起きてしまいます。


柱の周りの床も、

 

 
何ヶ所も亀裂が走っていました。


庁舎の壁まで。


 
さらに、庁舎との境目の歩道が沈下していました。

 
庁舎との境目のレンガは、ところどころ、特に沈み込み、


歩道の真ん中でも、部分沈下が起きていました。


逆に、部分的な隆起も起きていました。かなりの盛り上がり方です。


この歩道の先には、県警本部前交差点があり、行き交う車のライトに加えて、LEDの信号にLEDの街路灯。
これらのLEDによって雨はその質を変え、あらゆるものを劣化させ、地盤を沈下させてしまいます。



裏側に来ました。

  
ちょっと分かりにくいですが、ところどころ、色が薄くなっているところが目に留まりました。

 
さらによく見ると、部分的に白く溶け出しています。


レンガが浮き上がっているところもありました。

LEDとLED水によって、コンクリートの溶け出しはあちらこちらでたくさん見かけますが、
レンガの変色・溶け出しが起きていることから、壁面の強度もかなり落ちていると思われます。


別館の裏側の壁面も、雨の跡が黒ずみ、ここからさらに劣化が進んでいきます。




南庁舎別館の斜め向かい側に、自民党会館がありました。

 
窓の下から亀裂が走り、

 
階段下の床は亀裂だらけ。


階段脇の柱と、その下の床も、

 
入り口の床も、

 
敷地内の床は亀裂だらけで、


その劣化は、雨が溜まったり、流れるであろう箇所が特にひどく、

 

 


補修しても追いつかないほど亀裂だらけなのに、それでもLED化を進めるのは、どうしてなのでしょう。


国が方針としてLED化を進めてから急速に広がった、全国各地での農作物、動植物たちの異変。
そして、ここへ来て、LEDと、それによって変質した雨(LED水)が引き起こす、建物や道路の劣化、
そして傾く電柱。土壌は変質し、至るところで地盤沈下が起こっています。
地球の環境を思えば、決して使用することのできないLED。それをここまで進めてしまった責任は
大きいと思います。LED化に関わる全ての立場の人たちが、責任を持って取り組むべきは、今すぐ
すべてのLEDの使用を止めることではないでしょうか。(2017/8/11)


LEDの影響についてのリンク
   

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性