<LEDの影響>
佐倉第三工業団地2

 
千葉県佐倉市にある工業団地の樹木の様子です。

枝の様子

多くの木の枝に、樹皮がめくれ、木肌がむき出しになっていたり、ボロボロになり、途中で折れてしまっている様子が見られました。
  

  

   

  

 
枝の部分にまでコブができているものも、たくさんありました。



根の様子

  
根の部分にまで、コブができているものや、

 
すでに切られてしまったもの。

  
中には、必死に生きようと、右の写真の矢印のところまで、根を伸ばしているものや、
左の写真のように、アスファルトの中にまで長く根を伸ばしているものもありました。



ねじれた木・傾いた木・老けた木

   
     
木々の中でしばしば見られたのが、まっすぐ生えずに、ねじれたものや、傾いた木です。
それらもやはり胴ぶき・地衣類・コブ・樹皮のめくれや割れ等、様々な形で、異変を起こしていました。

     
中には、とても年老いて見えるしわしわな木もありました。触った感じも、とてもゴワゴワしています。



工場敷地内の桜


工業団地内のある工場に植えられていた桜の木々。奥まっている分、
車や街路灯、信号からは少し離れていますが、やはり一様に傷ついていました。


  

  




桜のすぐそばにたくさん植えられていた、小さな小さな木。すべて先のほうが切り取られていて、
びっしりと胴ぶきしていました。

写真を撮ったときはまだお休みのところもあったのか、普段と比べて、交通量が少なかったのですが、
最近は大型車のテールランプやヘッドライトの下だけでなく、サイドの部分にもずらっとLEDのランプが
ついているのを見かけます。街路灯や信号に加え、たくさんの車のヘッドライト、さらには大型車のランプで、
木々たちが逃げ場もなく、生命力を失っています。(2017/1/5)
    
LEDの影響についてのリンク

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性