<LEDの影響>
茨城県庁3

 
県庁2の駐輪場の階段を上がると、県民広場(2階)に出ました。
特に経年劣化は感じられないのに、床は部分的に不自然に汚れ、


 
エレベーター内の壁も、細かい亀裂や部分的な汚れ、コンクリートの溶け出しが見られ、

 
それほど劣化は感じられなかった階段下に、1ヶ所だけあった亀裂の真上には、


LEDライトがありました。



そのまま、県警察本部庁舎側の通路を通って、最初の交差点(南大通り)の西側に出ました。


真っ黄色だったリ、幹がパックリと割れていたり、その両方だったリ・・・。

 
そのそばのアカマツも、やはりこのように傷ついたものが多く、

 


 
観光名所にもなっているという、「茨城県庁の桜」も、傷だらけでした。



 
南大通りの角を曲がって、県警察本部庁舎の脇の歩道を歩いてみました。
ここも、道路の左側が沈下しています。

 
あちこち補修してあり、段差やズレ、部分沈下がいくつも見られました。

 
この道の段差で、実際につまづいてしまいました。とても危ないです。


 
警察本部庁舎の隣の、公用車駐車場の中通路です。1ヶ所、天井から床まで、
錆びたような茶色いスジができているところがありました。


壁からはコンクリートの溶け出し、さらに手前のパイプは腐食して穴が開き、

 
床には水が溜まり、そのすぐ横の黄色で囲った部分は、

 
こんなに沈下しています。


 
この通路は全体的にうねっていて、柱の根元を中心に部分沈下が目立ち、

 


 
その柱の天井部には、LEDライトがありましたが、天井や柱も、浸食・劣化、つなぎ目部分のズレが起きていました。

 
その先の床も剥がれ、階段下は、雨水の溜まるところがひどく汚れ、

 
車が下を走る、県警本部庁舎との渡り廊下も、両側とも、そこだけ不自然に汚れていました。



駐車場の外通路に出ると、2ヶ所、黒くなって、へこんでいるところがありました。


よく見ると、浸食によって、床が削れ、水が溜まっているのですが、ちょっと白っぽいのです。


上を見ると、天井から何かが落ちてきました。


天井のコンクリートに亀裂が走り、そこから溶け出したコンクリートと雨が混じったもののようでした。
LEDによって変質した雨は、天井のコンクリートを溶かし、さらにその溶けた「コンクリートLED水」が、床まで浸食していきます。


 
向かい側も立体駐車場になっている、公用車駐車場の外壁には、このような亀裂がいくつもあり、

 
地面は溝のように沈下し、日陰・日向に関わらず、いくつもの水たまりがありました。

  
歩道は至るところで、うねり、沈下し、

 
階段も、コンクリートが溶け出し、柱の根元は沈下し、亀裂と汚れだらけです。

 
普通の経年劣化とは違い、特に雨水の流れやすいところ、溜まるところの劣化が激しいのが
LED水(雨)による影響の特徴で、

 
雨が集まる、排水溝の周辺はサビサビ・ガタガタです。




1階の県庁舎玄関です。


2階の県民広場から見たガラスの屋根は、

   
下から見ると、あちこち割れていて、


硬い花崗岩でできた建物や床は、雨の染み込んだ下の部分が変色し、

 
柱の根元から、いくつも亀裂が走り、

 

 
欠けて穴が開いたり、

 
沈下に耐えられず、割れてしまったところがいくつも見られました。

 
かなりの沈下です。


県庁舎玄関(1階)の目の前も、駐車場になっています。駐車場へ向かう通路にある柱は、

 
どれも根元が沈下しています。さらに、この柱の天井近くには、


LEDライトがそれぞれ2ヶ所ずつついています。


こういった形の細い柱も、

 
根元は沈下し、ガタガタです。

 
天井も、外れかかっていたり、亀裂や、

 
浸食、剥がれが見られ、


1ヶ所、部分的に、たわんだようになっているところがあったのですが、

 
その部分に繋がるパイプの周りからの雨水の染み出し方がひどく、天井は苔で変色し、
隙間からも、その周りの天井からも、かなりのスピードで、水がしたたり落ちていました。

 
近くの天井は、ずれて隙間ができたり、浸食が起きていて、

 
雨水が当たる壁は黒ずみ、床は変色した部分が沈下し、亀裂が起きていました。



通路途中の壁の黒ずみ。やはり、雨が当たる上部と、雨の溜まる下部が激しく黒ずんでいます。


経年劣化・長年の汚れなら、真ん中だけこんなにきれいなはずはないと思うのですが・・・。


 
その先も、柱の根元や、

 
壁に、床、天井・・・。LED水の流れ、溜まるところは、亀裂や浸食を起こしていて、

  

 
周りには、それをさらに加速させる、LEDライトがありました。


  
出入り口付近まで来ました。が、壁が真っ黒に汚れていました。

 
天井は浸食と亀裂、小さな穴ができ、亀裂からは水がしたたり落ちています。


床も部分沈下で段差ができていたのですが、


ちょうど、雨水が落ちるところに段差ができています。つなぎ目から雨が染み込むことで、
地盤がどんどん脆くなっていきます。


そのすぐそばの床も、横一列に、沈下して段差ができていました。

 



 
議事堂の脇を抜け、外に出ました。やはり、歩道は右側が沈下し、

  
ずらっと並ぶアカマツも、樹液が出ていたリ、亀裂が走っていたり、

  
枝が裂けてしまっているものがいくつも見られました。



しばらく進んで、また南大通り(最初の通り)の角まで来ると、花崗岩でできたオブジェがありましたが、

 
ここも、下からはコンクリートが溶け出していました。



ぐるっと1周して、最初の県庁前の交差点付近まで来ましたが、

  
やはり歩道は、細かなうねりや亀裂だらけで、

 
傷ついた松ばかり。

 
中には、すっかり枯れてしまったものもありました。


広大な土地に、とてもきれいな庁舎が建てられていて、築20年弱ということもあり、古さは感じませんでした。
でも、あちこちにひどい黒ずみや亀裂が見られ、建物のきれいさとアンバランスな感じがしました。
この黒ずみも、亀裂も、コンクリートの溶け出しも、歩道の沈下も、LEDがなければ、なかったものだと思うと、
ここまで建物や環境(土壌・植物)を壊してまで、LEDを使う意味がどこにあるのだろうと思います。
地震の多い、茨城県。さらにLEDライトとLED水(雨水)が加わったことで、この地はボロボロに崩れて、
このままでは、これまでにない大規模な道路の陥没や、建物の崩壊などが起きるのではないでしょうか。
もう、エコとか環境にやさしいとか言って逃げている場合ではありません。
今すぐにLED化を止めないと、もう後がないところまで来ています。(2017/8/21)


LEDの影響についてのリンク


全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性