<LEDの影響>
ダムの劣化1(片倉ダム)

 
千葉県君津市にある、片倉ダム。千葉県では1番の高さの、比較的新しいダムですが・・・。(7/10撮影)


壁は全体的に、雨の当たる上の方から黒ずみ、

 
コンクリートは白く溶け出し、縁は欠け、いくつものひび割れができています。




 
LEDによって変質した雨は、流れた跡を、全て黒ずませ、

 


 
コンクリートを溶かしてしまいます。黄色く囲ったところのように、
一面、溶け出したコンクリートで白くなっている箇所がいくつもありました。


上の写真の、丸い柱の部分を拡大したもの。黒ずみと、コンクリートの溶け出し、
さらに、つなぎ目に沿って、横に亀裂が何本も入っています。



撮影日は放流されておらず、水が流れる箇所のコンクリートが見られたのですが、この部分はすべてオレンジ色~
茶色に変色していました。LEDの影響によって、コンクリートが黄色やオレンジ色になるのは知られていますが、
この場所を照らすLEDライトはなく、このように、水が流れるところだけが変色しているということは、
このダムを流れる大量の水が、すでにLEDの影響を受け、変質していることを意味しています。

 
全体が変色しているだけでなく、雨の流れた黒い線ができたところはコンクリートが白く溶け出し、
つなぎ目に沿って、ずっと横にひび割れています。

  
その両脇の壁には、コンクリートの溶けた白い縦のすじと共に、たくさんの白いテープのようなものがありました。


ひび割れの上に貼ってあるようです。

 

 
放流するところの両サイドの壁を上から見たところ。いくつも横に白いテープが貼られています。


補修した上から、すでにひび割れが起きている箇所もありました。

 
そして、縦のつなぎ目は、ところどころ、コンクリートが割れたり、欠けたりしているのが見られました。

 


 
ダムの上部は、歩道になっているのですが、その柱のつなぎ目部分は、亀裂や、亀裂部分のへこみなどが見られ、


他の柱部分も、ひび割れと黒ずみがたくさんありました。

  
階段部分も、ペンキで塗ったかのように真っ白になっている部分があり、右の写真のように、トンネルのような形で
湿気(水分)が逃げにくい箇所は、LED雨の影響を強く受けてしまい、コンクリートが溶けやすいのが分かります。

 
放流される場所を上から見たところ。下にオレンジ色のものが浮いています。この、水が溜まっているところの右の壁は、

 
多い時は、ここまで水が溜まっているのだろうと分かるぐらい、はっきりと黄色+黒くなっていました。
そして、反対側の壁は、

 
調整しながら放流されているようで、ここからだけ水が出ていたのですが、その水が流れた跡は黒くなり、
横の大き目の穴は、赤く変色していました。

 
横の小さな穴にも、茶色っぽい水の跡があり、変色と溶け出しで、壁本来のコンクリートの色が分からなくなっているほどです。

 
両サイドの階段部分も・・・。

 
LED雨が降ったり、壁から流れたりして、雨水が溜まりやすい階段付近の床は、溶けたコンクリートが混じったLED雨水によって

 
浸食され、ボロボロになっていました。LED雨が長く留まれば留まるほど、コンクリートが劣化することが分かります。




ダムの反対側、ダム湖である笹川湖側を見てみると、

 
やはりこちら側も、黒ずみと、横に続くひび割れ、コンクリートの溶け出し。

 
建物の雨どいの下は、黒ずみと共に、壁が浸食され、角の部分が削れたようになっています。

 
柱部分は、細かなひび割れと補修の跡がいくつもあり、水面部分は、オレンジ色の苔がついていました。

 
歩道の手すり下や、

  
壁にもいくつものひび割れがあり、

  


 
丸い飾り部分の劣化と、その下の硬い石でできた部分も、


上からLED雨が当たって、細かなひび割れが無数にできています。



 
地面のひび割れも、たくさん見られました。


 
バス釣りで有名だという、笹川湖も、壁には筋のようなへこみと、水面の黄色っぽい浸食が起きていました。


このきれいな湖の水がすべて、LEDの影響を受けた、LED水になってしまっているということを表しているのではないでしょうか。


LEDの影響を受けながら、雨水は循環し、循環するたびにその濃度を増し、より破壊力の強いLED水へと変化していきます。
コンクリートにこれだけの影響を与える、このダムの水は生活用水でもあります。この循環が繰り返されれば、
それによる私たちの身体への影響は計り知れません。お金より何より大切な、みんなの健康、そして地球の環境。
それらを本当に考えるなら、今すぐLEDの使用を止めることが必要だと思います。(2017/7/11)

ダムの劣化2(亀山ダム)

LEDの影響についてのリンク
   
全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性