<LEDの影響>
工事中の風景

 目に悪影響があることが分かっているLED。そのLEDを使った工事灯。
まぶしくて直視できません。

散歩をしていると、工事中の道で、まぶしい工事灯が、ちょうど目の前の高さに立っていました。
(ライトが消えている部分は、ずっとつかないので壊れているようです。)



ついたり消えたり点滅しています。(9/1)



そしてまた今日、別の道で、違うタイプの工事灯が立っていました。やはり目の高さです。
シャッターを連続で切ってみると、上のように、高速で赤→消灯→緑→を繰り返していました。
目にも脳にも、かなりの負担があると思います。



ボケてしまった1枚ですが、実際はこれぐらい目に刺激がある感じでした。(2016/9/3)



 
今日、また少し移動していた工事灯。上の写真と見比べるとわかりますが、LEDの消えている箇所が全く同じです。
何枚撮っても同じで、ついている途中なのではなく、ついていないところは、実際にLEDが切れてしまっているようです。
LEDは長持ちする、というけれど、実際は違うようです。(2016/9/5)

LEDの影響についてのリンク
 
全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性