<LEDの影響>
錦糸公園

 
  
錦糸公園の木々ですが、なんだか不思議なものが出ています。


 
幹だけじゃなく、根っこにまで・・・。これは枝でしょうか、根でしょうか。(左)
同じ状態の木があちこちにありました。(右)



 

       
不自然な剪定のせいでしょうか、黒い幹に銀色の枝が出ていて、違和感を感じます。



 

 
黄色や緑の苔がついたり、白くなった木もありました。
やはり、細い枝(?)が幹や根っこからたくさん飛び出ています。



  
コブだらけの木。



  
穴が開いている木もいくつもありました。



  
どれも本来の姿ではないと思います。



 
どちらもそんなに太くない木ですが、黒くなっていたり、乾燥した感じで、老木のような深いしわが刻まれています。




アジサイの葉も焼けたように黒くなっています。



  
 公園にはLEDライトがあちこちにあり、そんなに暗くないうちから、公園内を通る自転車のLEDライトが光ります。


 
公園内の野球場や、隣接する体育館にもLEDライトがあり、公園内の植物に影響を及ぼしているようです。

春にはお花見に多くの人が訪れるこの公園も、このままでは桜だけでなく、すべての木々が、
花や実をつけることもできなくなり、本来の寿命を全うできずに力尽きてしまうのではないでしょうか。
(2016/12/11)

LEDの影響についてのリンク
   
全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性