<LEDの影響>
季節感を失くした風景

生垣の若葉」と同じ場所の、畑の脇の道端の植物たちが、LEDの影響によって、
季節感を失くしている様子です。
 

もうすぐ11月ですが、ヒマワリが咲いています。



その並びに、秋の草、セイタカアワダチソウが咲いています。



その向かい側にある、根っこだけになっていたアジサイから、若葉が出ていました。



その脇には、タンポポも咲いています。



コスモス(右上の濃いピンク色)が咲いている隣で、春に咲くツツジが咲いています。



7~8月のほおずきも、赤い実をつけています。



そのすぐ目の前には、秋から冬にかけて咲く、山茶花が咲いています。
春、夏、秋、冬、、、今は一体いつなのだろう?というぐらい、植物たちが
自然なサイクルを見失ってしまっています。
LEDによって、自然な風景が次々と壊されています。(2016/10/26)
    
LEDの影響についてのリンク

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性