<LEDの影響>
季節感を失くした風景4

植物たちが、LEDの影響によって、季節感を失くしている様子です。
 
  
畑の脇で咲いていたユウゲショウ。5~9月頃の花です。
ヘッドライトがよく当たるせいか、葉っぱがところどころ赤くなっています。


  
紅葉する低木(写真右下)の側で咲き始めた、オレンジ色のカンナ。
夏~秋の花です。今は11月下旬です。



こちらは黄色いカンナの花。



アジサイがまた咲いていました。



タピアン(バーベナ)。やはり、春~秋の花です。冬になると葉は枯れてしまうのですが、
いったん枯れ始めた葉っぱの側で、また青々とした葉が出てきています。



1ヶ月近く前、枯れてきていた葉っぱと茎(写真上部)。(10/27撮影)


この秋から、春や夏に咲く花が、秋の花と一緒になって咲いているというような
風景を、至るところで見かけるようになりました。
LEDの影響によって、植物たちが自然なサイクルを見失ってしまっています。(2016/11/21)
    
LEDの影響についてのリンク

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性