<LEDの影響>
黄色い苔2

 

空き地の道路に面したところに、広い範囲で苔が黄色くなっているところがありました。



T字路の突き当たり、車のヘッドライトがよく当たる場所です。


  
黄色い苔の向かい側の家の側溝の蓋も、塀に沿って、ずっと黄色くなっています。



そのすぐ近くでは、12月だというのに、たんぽぽが咲いていました。




また別の場所でも、一面黄色い苔がありました。



黄色い苔のある場所(矢印)は、変型十字路で、写真中央方向(黄色い〇の部分)
から来る、車のヘッドライトがちょうど当たる位置です。



向かい側にあるあじさいの葉っぱも、ヘッドライトが当たったと思われる場所だけ
焼けたように変色していたり、


枯れたというより、ところどころ焦げたように真っ黒になっていました。


この辺りはまだ、LEDの街路灯は少ないのですが、LEDのヘッドライトの車が増えてきてから、
あちこちで黄色い苔や、黄色いコンクリートなど、これまでには見られなかった風景を
目にするようになりました。そしてその近くには、必ず不自然に傷ついたり、
自然のサイクルを失ってしまった植物たちの姿があります。(2016/12/5)
    
LEDの影響についてのリンク

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性