<LEDの影響>
植木の枯れるところには・・・

 LEDの街灯が近くにあるわけでもないのに、なぜか一部だけ不自然に枯れている植木をあちらこちらで見かけます。その植木の向かい側には、T字路や個人の家の駐車場があったり、すぐそばに信号があって、LEDのヘッドライトをつけた車が長い時間、そこを照らしているというようなことに気づきました。LEDの影響によって枯れたと思われるものが、近くでふと見かけただけでも、いくつかあったので、まとめてみました。
 

この真向かいに、個人の駐車場があり、前が狭い道なので、至近距離からライトが当たる。
軽自動車なので、低い位置が枯れている。
 

こちらもすぐ前が農家さんのお宅。左側の、ちょうどカーブミラーに映っているところから、何台もの車が
よく出入りしていて、カーブミラー下のヒマワリに車のライトが当たり、枯れてしまっている。


 
こちらの向かい側も個人の駐車場。左側の枯れている部分が真正面で、
いつもライトが当たっているため、枯れてしまった。


 
T字路。左側の道から出てくる車のライトが向かい側の生垣に当たっている。
 
上の写真の生垣を拡大したところ。本来は向こうが見えないぐらい、葉が密集しているはずの
木だけれど、真ん中が枯れ、 スカスカになってしまっている。
 

上のお宅の生垣の続き。角地にあるので、角を曲がって、ヘッドライトが
直射しないところは、ちゃんと葉が密集している。
 

 右側に個人の家の駐車場があり、右折して出ていくときにライトが当たり、
ちょうど角の部分の植木2つの右側だけが枯れてしまった。
 
 
こちらは、ポストの下のライトをLEDに換えたもの。(以前は従来の電球)
ライトのそばの部分が枯れてしまっている。
 
このあたりは都会と比べて、街灯やお店自体が少ないため、それらによる植物の影響は少ないかもしれませんが、車のヘッドライトや、個人の家の門灯、センサーライトなどは、全国どこも同じように、LEDに変わりつつあると思います。近くに街灯がないのに植物が不自然に一部だけ枯れている場合は、昼間は気づかないような、LEDライトが近くにあるのかもしれません。(2016/7/9)

LEDの影響についてのリンク

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性