<LEDの影響>
三里塚記念公園1

         

成田市にある、三里塚記念公園。「旧宮内庁下総御料牧場」だったこの場所には、「御料牧場記念館」や
「「貴賓館」」「防空壕」などがあり、歴史色の濃い公園です。ここでも冬の間、一部の木にイルミネーションされています。

正門からの並木道の木々
   

  

  
2人で手をつないでようやく届くかな、というぐらいの太さのマロニエ(トチノキ)をはじめ、
イルミネーションされている木も、そうでない木も、樹皮はボロボロになり、穴が開き、折れたりして朽ちかけ、


中にはすでに切られて切り株だけになっているものもありました。



正門右の広場
  

 


これらが桜だということに気づくのに時間がかかるほど、枝は切られ、折れ、
ちょっと触っただけで、樹皮がボロボロと剥がれ落ちるほど、ゴワゴワになり、
本来の姿を失った桜の木々がそこにはありました。



貴賓館敷地内
     
やはり、どれも樹皮がめくれたり、穴が開いたり、コブができたり、根から枝が出ていたりしています。

  
支えがないと、倒れてしまうぐらい傾いてしまった桜の木。やはり枝が裂けています。


防空壕近く
 




夜の様子。とても大きな木にイルミネーションされているけれど、きれいというより、寂しい感じがして、
奥へと進むのをためらわれるような、気味の悪さがありました。
日曜日にもかかわらず、ほとんど人気もなく、ここまでして
イルミネーションする意味がどこにあるのかと思いました。(2017/1/22)

三里塚記念公園2

LEDの影響についてのリンク