<LEDの影響>
地盤沈下と崩れる建物の土台1

 
秋葉原駅から御徒町駅の間には、いくつかの細い路地があり、建物と建物の間に
このような小さなパーキングがいくつかあるのですが、(8/2撮影)

 
その隣の建物の土台部分のコンクリートがなくなっていました。基礎の部分がむき出しになっています。なぜこのようになったのか分かりませんが、


まだ新しそうなパーキングのアスファルトが、車止めの位置から建物側(左側)に傾斜しています。

 
銀色の金属板は、本来はその高さまでアスファルトがあるはずですが、地盤が下がったため、一部が見えてしまっているようです。


この建物の道路に面している部分(玄関)も、部分的に地盤沈下していて、その部分に水が溜まり、


土台部分が大きく割れています。

 
建物の向かい側の電柱も、周りのコンクリートや地面まで、ボロボロに割れています。
その電柱も、上の方を見ると、少し傾いていました。



 
パーキングのある路地の突き当たりに、カラーコーンが立っているところがあり、その前に水が溜まっていました。
コーンの真ん中のコンクリートが下がっていて、周りの部分が割れています。

 
その横の土台部分のコンクリートは浸食されたようにガタガタしていて、隙間が大きいところには苔が生えていました。



 
さらに少し歩くと、やはり細い路地に、1ヶ所だけ、雨が降っていないのに水が溜まっているところに目が留まりました。

 
近くで見ると、端(左)の方は、白いタイルの部分と、黒い石の部分は同じ高さなのですが、途中からかなりの段差ができています。


地盤沈下したことで、黒い石の部分が下がり、地面にも雨水が溜まっているようです。
なかなか乾かず水が溜まることで、さらに地盤が脆くなり、沈下が進んでしまいます。

 
入り口部分にも、黒い石の部分に段差ができています。この建物は、まだ新しいようですが、LEDによって変質した
雨水(LED水)は、経年劣化を加速させるだけでなく、このようにまだきれいな建物を、土台から崩してしまいます。


よく見ると、そのすぐ横にもやはり水が溜まっている箇所があり、

 
やはりこちらも、かなりの段差と隙間ができていて、地面の部分のコンクリートもひび割れ、溶け出しが起きています。

 
さらにその先にも、柱にはいくつもの亀裂とコンクリートの溶け出し、土台に隙間ができている建物がありました。
目の前には首都高速1号上野線の高架があります。(写真右端)

 
柱の左側の地盤が沈下したことで、建物の間に隙間ができ、柱の下部分に段差ができています。



 
この近くの広い通りも、一見きれいですが、よく見ると、本来は右の写真の左端のように、平らであるはずが、右に行くにつれ、

 
地盤沈下し、大きな段差ができてしまっています。

 
別の脇道にある建物の土台も、やはり、横一列に亀裂が入り、隙間ができています。

 


そして、その向かい側の歩道の端の一部が沈下し、歩道とその下のコンクリートに水が残って(溜まって)います。

 
他にも、地盤沈下したことにより土台が崩れる風景が、ほんの少し歩いただけでもあちらこちらにあり、

 
この辺りの地盤は、かなり大変なことになっていると思いながら、隣の路地に入った途端、


自分の立っているところがものすごく不安定になりました。歩道がかなり盛り上がっています。

  
体感的には写真よりもずっと、びっくりするほど波打っています。これはかなり危険な状態です。


マンホールでしょうか。この部分が沈下したことで、周りの部分が隆起しているようです。

  
さらに角を曲がると、昭和通りのコンビニ前の歩道がやはり、隆起・沈下していました。

 
地面が凸凹になったことで、レンガに段差や隙間ができていました。


石の重さで割れ、沈み込んでいます。周りのレンガも下がっているのが分かります。地盤がかなり脆くなっているようです。



そのまま秋葉原方面に、歩道に沿って昭和通りを歩いていると、

 
細い路地に、ビルに沿ってカラーコーンが並んでいました。


やはり、段差や亀裂、割れなどができていて、


部分的に新しくされたところさえ、隙間ができてしまっているなと思っていたのですが、それだけでなく、

 

ビックリすることに、ビルの根元部分に、ずっと横一列に亀裂が走っていました。


硬い石に深い亀裂が入っています。


このような状態が続いていました。

 
裏口でしょうか、さらにコーンで囲ってあるところをよく見ると、いくつもの亀裂が走り、


囲われていない部分にも・・・


さらに、柱の根元部分にも、深い亀裂が走っていました。それがコンクリートから地面へと続いています。
地盤沈下したことで、コンクリートと一緒に柱が引っ張られて、このようになったのだと思われます。

 
道路の裏側部分にも、やはりコーンが立っていて、

 
アスファルトとの境目のコンクリートが引っ張られているように、ギザギザになり、隙間が少しできています。


ここは、まだできて10年ほどの賃貸マンションだそうです。
見た目はまだとてもきれいですが、土台の脆さが心配です。

昭和通り、そしてそこから細い路地に入った辺りを少し歩いただけで、驚くほどの光景を目の当たりにしました。
建物の土台にできる隙間や亀裂、そして地盤の沈下。昭和通りでは、首都高の高架からも、地上でも車のLEDライトが
道路や建物を照らし、さらに立ち並ぶこれらの高層ビルの照明がLEDならば、高い位置からずっと、LEDに汚染された雨が
降り注ぎ、建物や地面、あらゆるものを破壊していきます。今回、高層マンションの根元部分に長い亀裂が走って
いたことは、このままLED化が続けば、今後、高層ビルがあちこちで倒壊する恐れがあるということではないでしょうか。
一時しのぎの補修ではもう、間に合わないところに来ています。(2017/8/3)


地盤沈下と崩れる建物の土台2

LEDの影響についてのリンク
   

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

「LEDの影響(1)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink.htm
  「LEDの影響(2)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink2.htm
  「LEDの影響(3)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink3.htm
  「LEDの影響(4)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink4.htm
  「LEDの影響(5)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink5.htm
  「LEDの影響(6)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink6.htm
 「LEDの影響(7)」 http://www1.odn.ne.jp/mu-mew/melink7.htm