<LEDの影響>
ツツジ

季節感を失くした風景」にある、ツツジのその後の姿です。
 


コスモスと一緒に咲くツツジ。本来春に咲く花ですが、
自然のサイクルが分からなくなっています。(2016/10/26撮影)



その後もまだ咲き続けていたので、約1ヶ月後に撮影。(2016/11/18)



12月に入った頃まで咲いていましたが・・・(2016/12/3)



上の写真を撮ってから約1ヶ月半後。一部の葉を残して、
ほとんどがすっかり茶色に枯れてしまっていました。(2017/1/21)



少し前まで咲いていた花がしおれたまま、まだ残っています。
このツツジはまた花を咲かせるのでしょうか。咲かせたとしたら、それはいつの季節なのでしょう。



こちらは同じ日に撮影した、秋に花が咲かなかったツツジ。(2017/1/21)
    
LEDの影響によって、季節感を失い、「狂い咲き」をする花たちの姿があちこちで見られます。
それは、植物たちが力尽きる前に、次に繋ごうとする、最期の必死な姿のように思います。
私たちが植物たちの姿から学ぶことは、このままLEDを使い続けていけば、
あらゆる自然がその姿を失ってしまうということだと思います。(2017/1/21)

LEDの影響についてのリンク

全国のLEDの影響については、こちらをご覧ください。

ゼロ感性